新しいビーグレン エイジングクリームの成分

MENU
** 春からの紫外線に注意!**
できてしまったシミを消すならまず試したいのがハイドロキノン。レーザー治療で失敗した人もビーグレンできれいにシミ除去できちゃうかも!

ビーグレン美白ケアで75歳のシミ除去

詳細はこちらから>>>


新しいビーグレンのエイジングクリームの成分と驚きの浸透技術

新しいビーグレンは、美容成分の量と種類が大幅アップし、それを浸透させるQuSome(キューソーム)システムをさらにバージョンアップさせた使い方をしています。

 

エイジング対策用のクリームは、ビーグレンのエイジング対策や毛穴のたるみ対策のラインでも使われているクリームで、主に皮膚の最も奥にある真皮層の細胞を活性化させるために有益な成分を配合しています。

 

QuSome(キューソーム) 美容成分

 それらの複数の種類の多くの成分が、1つのQuSomeカプセルに入れられています。これが

QuSome(キューソーム)コンプレックス

 

QuSome(キューソーム)は従来のものに比べて、層がより硬く浸透力を増し、何層にも重なった玉ねぎみたいな構造。浸透するにつれてゆっくりと1つずつカプセルが溶けていくので、それぞれの美容成分が適切な部位まで浸透したときに放出され、効率よく働けるように計算されています。

 

このQuSome(キューソーム)コンプレックスの効果は。。。。

 

・容器の中で成分ごとに偏るのを防ぐ。
・いつでも最高の効果を均一に発揮できる。
・美容効果が長時間続く。
・肌に優しい。
・浸透力をアップさせ、多くの人により早い効果が実感できる。

 

 

QuSome(キューソーム)コンプレックスに入っている成分

 

エイジング対策用のクリーム QuSomeモイスチャーリッチクリームのQuSome(キューソーム)コンプレックスには、主に真皮層の細胞に働きかける成分を使用。加齢や紫外線などの影響で、乾燥したり加齢化が進んだ肌を土台から作り直して、シミやしわができにくいお肌を作ってくれます。

QuSome(キューソーム)モイスチャーリッチクリーム

 

しわ・たるみの改善

ダイズ芽エキス(化粧品表示名:ポリアミン)

線維芽細胞を活性化させてシワ・たるみ改善するダイズ芽エキス(ポリアミン)は、人間の細胞内や大豆の発酵食品に多く含まれる成分で、細胞が増殖するときに不可欠の遺伝子のコピーをする役割を持っています。
 あのみずみずしく弾力のある赤ちゃんの肌は、母乳に含まれる豊富なダイズ芽エキスのおかげだとも言われ、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進し、肌のハリや弾力を回復する効果があります。また康面でも長寿に貢献してくれる重要な成分で、食品から摂ることが望ましい成分です。

 

アセチルテトラペプチド−2(アップレビティ)

アセチルテトラペプチド−2(アップレビティ)は基底膜に働きかける成分。基底膜は、肌の表皮の最下部にあり、その下の真皮層と接する組織で、基底層にある基底細胞に、細胞の分化・増殖・ターンオーバーの指令を出すのが基底膜。

 

 基底膜の働きが鈍くなると、新しい細胞が作り出されず、ターンオーバーも乱れ、肌のバリア機能も減って、乾燥肌・加齢肌の原因に。アセチルテトラペプチド−2(アップレビティ)がこの基底膜の働きを正常に戻すことで、新しい細胞がどんどん作られ、ターンオーバーが正常になるので、コラーゲンやヒアルロン酸がどんどん作られハリや弾力が回復し、若々しい肌が再生されます。また、シミの元メラニンを抑制する働きで、シミ予防効果も期待できます。

 

オリゴペプチド−6(ラミリン)

オリゴペプチド−6(ラミリン)も基底膜に働きかける成分で、基底膜の主成分 ラミリン−5を増やす効果があります。表皮層と真皮層をつなぐ役割の基底膜の主成分を増やすと、基底膜の働きを高める効果があり、エイジング対策にとても効果的です。

 

ライン

 

抗糖化・抗酸化を促し、老化を防ぐ

ダイズ芽エキス(ポリアミン)

 ダイズ芽エキスには、「糖化」という、糖とタンパク質が結びつくのを防いでくれる働きもあり、肌のくすみ・しわ・たるみ・黒ずみ・ごわつき等も予防します。またダイズ芽エキスには抗酸化作用もあり、肌の老化を予防してくれます。

糖化とは?
体の中で余った糖は、タンパク質と結合する性質があり、タンパク質の一種であるコラーゲンが糖化すると、肌がくすんだりしわ・たるみ・黒ずみ・ごわつきが起こります。さらに、コラーゲンの糖化を分解しようとしてできる酵素は、コラーゲンやヒアルロン酸の元になる繊維芽細胞を攻撃するので、コラーゲンやヒアルロン酸は作られにくくなり、しわやたるみが加速する原因になります。

 

ライン

 

表皮細胞の活性化を促し、保湿力を高める

ショクヨウダイオウ根エキス(アクアエクストリーム)

ショクヨウダイオウ根エキス(アクアエクストリーム)は、ショクヨウダイオウ(食用大黄)=ルバーブの根の部分から抽出されるエキスで、漢方薬として、便秘や食欲不振や消化不良の改善に使われていますが、老化防止やコラーゲンの生成を助ける働きもあると言われ注目されています。

 

ライン

 

乾燥肌・敏感肌の炎症を抑える

乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)/ハイビスカス花発酵液(ハイビゼル)

 乳酸菌の一種でヨーグルトの製造にも使用される乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)で、ハイビスカスの花を発酵させ、そのエキスを抽出したものが乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)/ハイビスカス花発酵液(ハイビゼル)。
 肌老化の原因、紫外線による肌の酸化を防いだり、肌荒れを抑える働きがあります。

 

ライン

 

表皮細胞の活性化を促し、保湿力を高め

加水分解コラーゲン(コラーゲン)

美肌の代名詞のようなコラーゲンはタンパク質の一種で、細胞と細胞をつなぎとめる働きをします。コラーゲンは肌のハリ・弾力を作ると同時に、筋肉、内臓、骨、関節、目、髪等の体のあらゆる部分に存在して、体全体を若々しく保つ大事な役割を持っています。
 化粧品に含まれるコラーゲンは、そのまま肌のコラーゲンになるわけではなく、保湿効果として使われています。またコラーゲンのサプリメントを飲んでも、胃でアミノ酸に分解され、その一部がまたコラーゲンに再構成されるので、飲んだコラーゲンすべてが肌のコラーゲンになるわけではありません。

 

ヒアルロン酸Na(ヒアルロン酸)

 ヒアルロン酸Na(ヒアルロン酸)は、1gで6リットルもの水分を保つと言われ、肌の潤いには欠かせない成分。ねばねばしたムコ多糖類の一種のヒアルロン酸は、関節、眼球、皮膚、胎盤等に含まれています。

 

 

 

 

 

 

 


30歳からのアンチエイジング

<画像はクリックできます!>
30過ぎたらアンチエイジングに本気モード!美白以外のアンチエイジングや健康・ダイエット体験を紹介!


ビーグレン Newエイジングクリーム:真皮層で細胞活性化する成分関連ページ

新しいビーグレン美白ケア登場
ビーグレンが新しくなりました!ビーグレンと言えばQuSome(キューソーム)ですが、なんと美容成分自体がキューソーム化して、より肌にやさしくより安全により早い効果を実感できるように生まれ変わり、より多くの方にシミ除去効果が表れやすくなりました。
美白成分の強化
新しいビーグレンの美白シリーズは、より美白成分が強化されています。天然ハイドロキノン以外にもできたシミ、未来のシミを作らない成分がいろいろ配合されているので紹介します。
新クリームの保湿力
サイエンスコスメ ビーグレンの保湿力をアップしたというのを体験してみました。美白用とエイジング用の2種類をつけて今までとの違いを紹介します。
美白用無料パウチ
新しくなったビーグレンの美白対策セットをまずは無料配布されているパウチで試してみました。従来品でもばっちり美白ができたビーグレンがどう変わっているか楽しみです!
New美白ケア トライアル
シミ・くすみ、ニキビ跡にも結果を出してくれたビーグレンですが、物足りなかった保湿力をグーンとアップして新しくなりました。美白ケア用のトライアルを体験してみました。
75歳のシミ・くすみに効果
ビーグレンのシミ・くすみを消す美白用トライアルを使って75歳の顔のシミが消せるか試してみました。すると、ターンオーバーが思いっきり乱れているはずの75歳でも1週間で結果が出ました!
75歳の体験2週間後
75歳のしみ・くすみがビーグレン美白ケアでどれくらい消えるか!ん?なんだかシミがめだったきたみたい。よく見るとそれは地肌の色が白くなってきたからです。
75歳の体験1ヶ月後
75歳のしみ・くすみのビーグレン体験が1ヶ月になりました。地肌の色がワントーン明るくなっているのを感じます。シミが返って見えることもあるけど、体験前と比べるとシミもしっかり薄くなってきました。
75歳の体験40日後
75歳のしみ・くすみのビーグレン体験が40日になりようやくアイテムが1つ使用を終わりましたが、他のアイテムはまだまだありますので続行します。最近周りの人にも肌が白くなってたと言われ、法令線や口元のしわが目立ちにくくなってきました。
新旧トライアル比較
ビーグレンの美白用トライアルが新しくなりました。新旧の違いをトライアルセットを比較しながら見てみます。美白効果、エイジング効果は?
新旧製品比較
ビーグレンの美白用製品の新旧比較。どこが変わったのでしょう。旧ビーグレンには保湿の面で物足りなく、肌によっては天然のビタミンC美容液や天然のハイドロキノンが使いにくいという声がありましたが。。。
ビタミンCエチルとは
天然ビタミンCとビタミンC誘導体は似て非なる成分。天然ビタミンCとビタミンC誘導体の違いを知り、さらに特殊なビタミンC誘導体 ビタミンCエチルの特徴と肌への効果を紹介します。