天然ビタミンC ビタミンC誘導体 違い ビタミンCエチル

MENU

天然ビタミンCとビタミンC誘導体の良いとこどりのビタミンCエチル

多くの化粧品に使われているビタミンC誘導体。天然ビタミンCと比べると、成分が安定した分、美肌への即効性と効果はかなり低くなってしまいます。

 

それぞれの良い特徴を多く兼ね備えた成分として注目されているのが、美白にW効果を持つというビタミンC誘導体にビタミンCエチル(エチルアスコルビン酸)。
新しいビーグレン美白ケア用には、化粧水にこのビタミンCエチルを使っています。

 

天然ビタミンCとビタミンC誘導体、さらにビタミンCエチルを比較しながら紹介します。

 

 

 

天然ビタミンC

ビタミンC誘導体

ビタミンCエチル

分類

ビタミンC

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

 

 

性質

水溶性

肌表面の皮脂によって浸透しにくく、紫外線や空気ですぐ壊れて変質・変色する

・水溶性と脂溶性

・成分ごとに美白有効成
 分として医薬部外品に
 認可の有無がある

水溶性

(美白有効成分として医薬部外品の認可を受けた成分)

 

安定性

安定性が悪く壊れやすく、濃度が高くなると刺激が出る 安定的で壊れにくい 安定的で壊れにくい

 

特徴

美肌作りに万能で即効的効果 代謝によってビタミンCに変わる。いったい何%がビタミンCになるかは不明で効果はかなり低くなる 代謝によらずに肌につけると即ビタミンCに変って効果を発揮する

 

肌への浸透性

皮脂にはじかれて浸透しにくく、肌表面にとどまる事が多い 天然ビタミンCより浸透性がある 天然ビタミンCより浸透性がある

 

 

 

美肌効果

・美白(メラニンの濃度
 を薄くする)
・血行促進
・皮脂分泌を抑える
・活性酸素を抑制する
 抗酸化作用(さび防止)
・ターンオーバーの促進
・コラーゲン生成を促進
 させて肌再生を促す

天然ビタミンCと同じだが、効果はかなり低い。

美白効果はメラニンの濃度を薄くする効果しかない

天然ビタミンCが持つ美容効果に近い効果があり、特に
美白のW効果
・メラニンの生成を
 抑える。
・メラニンが濃くなるの
 を抑える。
はビタミンC誘導体としては貴重

即効性と持続性

即効性があるが持続性は劣る 緩やかで小さな効果 即効性と持続性がある
ビーグレン製品での使用 ニキビケア用美容液

(以前は美白ケアも使用)

使用していない 美白ケア用化粧水

 

 

ビーグレンが使用している天然ビタミンCとビタミンCエチル:効果の違い

 

ビーグレンのCセラム美容液には天然ビタミンCが高濃度の7.5%も配合されています。
また、新しい化粧水にはビタミンCエチルが含まれます。

 

以前のビーグレンの美白ラインには、Cセラム美容液が含まれていたのに、新しいラインには入っていません。なぜでしょうか?

 

天然ビタミンCとビタミンC誘導体の欠点

上記の比較表でもわかるように、
天然ビタミンCには美肌に多くの即効性がある素晴らしい成分ですが、とても壊れやすく変質しやすい乾燥しやすいというデメリットがあります。

 

QuSome(キューソーム)

その欠点を、ビーグレンはQuSome(キューソーム)というカプセルに包むことでフォローしていたんですが、浸透性はフォローできても紫外線による変質や変色は残りました。また、ニキビ肌には好都合の皮脂を抑える効果は、年齢肌には乾燥が気になることがありました。

 

乾燥&年齢肌の私は、Cセラムを夜のみ使用していました。紫外線対策をすれば昼も使えるのですが、敏感肌なのでかゆみが出る恐れがあったのです。

 

できれば24hずっと気楽に天然ビタミンCで美白&エイジング対策をしたいですよね。
といっても、一般の化粧品で使われているビタミンC誘導体では、美肌効果がかなり減ってしまうのが欠点でした。

 

そこで、ビタミンCエチルの登場です。

 

ビタミンCエチルは特別なビタミンC誘導体

 ビタミンC誘導体であるビタミンCエチルは、安定して壊れにくいのはもちろん、効果の即効性と持続性が期待できる貴重な成分なのです。

 

ポイント1

つけたらすぐビタミンCに変身!だから即効性がある。

 

普通のビタミンC誘導体が酵素の働きを借りてビタミンCに変化するのと違い、肌につけたら即、ビタミンCに変われるのはビタミンCエチルだけの大きな特徴!効果の即効性に加え、さらに持続性まで持ち合わせた優れものです。

ポイント2

美白にW効果を持つ唯一のビタミンC誘導体!

 

一般のビタミンC誘導体は、メラニン濃度を薄くする美白効果はあるのですが、W効果があるのは、現在ビタミンC誘導体の中ではビタミンCエチルだけ。

 

ビタミンCエチルの美白W効果とは?

 

  ■ メラニンが作られるときに必要なチロシナーゼという酵素を阻害する働き
  ■ できてしまったメラニンの濃度を濃くしないように抑える働き

 

 美白にW効果があるビタミンCエチルは、美白専用化粧水には最適ですね♪

 

 

ビーグレン 美白ケア化粧水

通常でも浸透性があるビタミンCエチルを、ビーグレンではさらにQuSomeキューソーム化して、より安定化し壊れにくくして浸透性を上げ、肌の奥で効果がずっと続くように作られています。

 

一方天然ビタミンCには、血行を促進したり、皮脂を抑える効果もあるので、ニキビケア用のラインに使われています。
美白ケア用に使ってももちろんOKですが、乾燥肌は量を控えめに。すると翌朝の肌がぷりっぷりを体験できます!

 

 

 

 

 


30歳からのアンチエイジング

<画像はクリックできます!>
30過ぎたらアンチエイジングに本気モード!美白以外のアンチエイジングや健康・ダイエット体験を紹介!


天然ビタミンCとビタミンC誘導体の違いとビタミンCエチル関連ページ

新しいビーグレン美白ケア登場
ビーグレンが新しくなりました!ビーグレンと言えばQuSome(キューソーム)ですが、なんと美容成分自体がキューソーム化して、より肌にやさしくより安全により早い効果を実感できるように生まれ変わり、より多くの方にシミ除去効果が表れやすくなりました。
美白成分の強化
新しいビーグレンの美白シリーズは、より美白成分が強化されています。天然ハイドロキノン以外にもできたシミ、未来のシミを作らない成分がいろいろ配合されているので紹介します。
新クリームの保湿力
サイエンスコスメ ビーグレンの保湿力をアップしたというのを体験してみました。美白用とエイジング用の2種類をつけて今までとの違いを紹介します。
エイジングクリームの成分
新しいビーグレンのエイジングクリームは、主に真皮層で細胞を活性化させる成分がたくさん入っています。一時的な若返りではなく、肌を細胞レベルで若返らせる成分を驚きの浸透技術を紹介します。
美白用無料パウチ
新しくなったビーグレンの美白対策セットをまずは無料配布されているパウチで試してみました。従来品でもばっちり美白ができたビーグレンがどう変わっているか楽しみです!
New美白ケア トライアル
シミ・くすみ、ニキビ跡にも結果を出してくれたビーグレンですが、物足りなかった保湿力をグーンとアップして新しくなりました。美白ケア用のトライアルを体験してみました。
75歳のシミ・くすみに効果
ビーグレンのシミ・くすみを消す美白用トライアルを使って75歳の顔のシミが消せるか試してみました。すると、ターンオーバーが思いっきり乱れているはずの75歳でも1週間で結果が出ました!
75歳の体験2週間後
75歳のしみ・くすみがビーグレン美白ケアでどれくらい消えるか!ん?なんだかシミがめだったきたみたい。よく見るとそれは地肌の色が白くなってきたからです。
75歳の体験1ヶ月後
75歳のしみ・くすみのビーグレン体験が1ヶ月になりました。地肌の色がワントーン明るくなっているのを感じます。シミが返って見えることもあるけど、体験前と比べるとシミもしっかり薄くなってきました。
75歳の体験40日後
75歳のしみ・くすみのビーグレン体験が40日になりようやくアイテムが1つ使用を終わりましたが、他のアイテムはまだまだありますので続行します。最近周りの人にも肌が白くなってたと言われ、法令線や口元のしわが目立ちにくくなってきました。
新旧トライアル比較
ビーグレンの美白用トライアルが新しくなりました。新旧の違いをトライアルセットを比較しながら見てみます。美白効果、エイジング効果は?
新旧製品比較
ビーグレンの美白用製品の新旧比較。どこが変わったのでしょう。旧ビーグレンには保湿の面で物足りなく、肌によっては天然のビタミンC美容液や天然のハイドロキノンが使いにくいという声がありましたが。。。