ビーグレン 効果なし ホワイトクリームex

MENU

ビーグレンは効果なし!ホワイトクリームex編

ビーグレンは効果ないな・・・という評価の方で、シミに関してはホワイトクリームexに関する物もあります。

お金が貯まる財布

シミ対策のメインアイテムですね。(右図ホワイトクリームexは容器が変わりました。)

 

ビタミンCで天然のビタミンCにこだわったようにビーグレンは、安定型にしないハイドロキノンにこだわっています。
何故でしょう。

 

安定型ハイドロキノンは、壊れにくくなった半面効果が減ってしまうからです。1説には効果が100分の1になると言われています。

 

ビーグレンは、安心できる上限ギリギリまでハイドロキノンを入れて、カプセル状に包んでメラニンができている表皮の奥まで確実に届けてくれる浸透技術を持っています。
だから、少量のハイドロキノンでも皮膚科のお薬くらいの効果が期待できるのです。

 

 

ビーグレンは効果なし!の場合ハイドロキノンが有効に使われていない?

ハイドロキノンの入ったホワイトクリームexは、基本的に夜だけの使用です。
理由は、ハイドロキノンが壊れやすい成分だから。

ビーグレン

紫外線によって変質しやすいのでそれがお肌に何らかの刺激になる可能性はあります。
もしかすると、この辺の使い方でお肌に合わないと感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

ホワイトクリームexはCセラムとの併用で、効果はグンとアップします。両方とも効果が素晴らしい物ですが、デリケートなので夜だけの使用にすると失敗がありません。
ホワイトクリームexは、1本で2〜3ヶ月くらい使えます。

 

 

ビーグレンは効果なし!と言ってしまうのは簡単ですが、せっかく利用できるのに使い方が間違っているために効果を感じないのはもったいないです。

 

全ての悩みに対応しているビーグレンは、ルールを守って使うと大きな効果が期待できるので、お薬みたいに使うといいと思います。


30歳からのアンチエイジング

<画像はクリックできます!>
30過ぎたらアンチエイジングに本気モード!美白以外のアンチエイジングや健康・ダイエット体験を紹介!