シミ除去 ビーグレン体験

MENU

ビーグレンのビタミンCとハイドロキノンを正しく使おう!

ビーグレン(b.glen)美白シリーズの特徴と体験で感じた注意点をまとめました。

 

ビーグレン 女性

ビーグレン(b.glen)体験を始めたのは、長年のシミ・くすみがまだまだ濃くなりそうで化粧でも隠しにくくなると思ったことがきっかけでした。

 

薬を使用上の注意を守って利用するのと同じで、ビーグレン(b.glen)も効果が期待できる最強の成分ばかりを使っている分、きちんと注意を守って使う他のコスメにはない効果を期待できると強く感じています。

 

ハイドロキノン
ハイドロキノンはできたシミを消す最強の成分。
メラニンを作る酵素(チロシナーゼ)の働きを抑制し、メラニン色素を作る細胞を減少させる働きもあります。
コスメに推奨される上限2%に近い1.9%という少量で安全性はバッチリ。その少ない分を独自の国際特許の浸透力で、皮膚科の処方箋並みにまで効果をアップ。
副作用のない安全な量で大きな効果を発揮するがすごい。

 

 

美容外科クリニックで行われるボトックスは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種を使った治療で、元々まぶた・顔面痙攣などの治療に用いられてきました。筋肉の過剰な動きをやわらげて、しわを減らす効果があります。
猛毒のボツリヌス菌だから、毒性を取り除いて安全にすると他にはない効果が得られるんですね。ハイドロキノンも安全性に絶対心配がないなら、有効に使うのも良いと思いませんか?


 

ビタミンC
シミ予防に効果的なピュアビタミンCをたっぷり7.5%も配合しています。
活性酸素を消去する働きが優れているのは、一般の化粧品に使われるビタミン誘導体ではなく高濃度のピュアビタミンCだけ。
この他、皮脂の分泌を抑えたり凸凹になったお肌の修復を助けたりと、美肌に欠かせないピュアビタミンC医療レベルの浸透力でしっかり届けられるから効果がめいっぱい期待できます!
不安定なビタミンCがこんなに活用できるのは、ドクターズコスメだからです。

 

シム377
シム377は未来のシミを消す最強の成分。メラニンを生成するチロシナーゼ酵素を抑制するのでシミ予防=美白に最強です。その他では最も効果が高いコウジ菌の20倍以上ハイドロキノンの2000倍の効果があると言われ、刺激が少ないところも安心です。

 

ビーグレンの美白シリーズには、こんな
できたシミも未来のシミにも最強の成分がたーっぷり!
お肌の修復に最強の成分もたーっぷり!
さらにアンチエィジングに効果的なヒトポリペプチド・オリゴペプチドまで入ってます。

 

 

 

ビーグレンのシミケアの注意と結論

ビーグレン美白シリーズを使う時のポイント

 

Cセラムホワイトクリームexは基本的に、夜のお手入れに使うといいみたい。

  • CセラムのピュアなビタミンCはつけてすぐに紫外線を浴びると茶色く変質してしまう。
  •   ⇒UV効果のあるファンデーション等をつけて、30分位してから外出。

  • Cセラムをつけると乾燥がちになるので、自分のお肌の調子を見て使い方、量を加減する。
  • Cセラムもホワイトクリームexもメラニンができるのを防ぐのでお肌が無防備な状態に。
  •  ⇒紫外線を浴びないようにすることがベスト。

ということで、基本的には夜のお手入れに使うのが良さそうですね。

 

 

ビーグレン

結論!ビーグレンは短期集中してシミ除去をしたい時、ルールを守って使うと素早い効果が期待できます!!

 

 

 

>>>浸透力が違うから結果が違うビーグレンでシミを消す公式サイト<<<

 

>>>ビーグレン美白シリーズの疑問を公式サイトQ&Aで解決!<<<


30歳からのアンチエイジング

<画像はクリックできます!>
30過ぎたらアンチエイジングに本気モード!美白以外のアンチエイジングや健康・ダイエット体験を紹介!