ハイドロキノン コスメ

MENU
** 春からの紫外線に注意!**
できてしまったシミを消すならまず試したいのがハイドロキノン。レーザー治療で失敗した人もビーグレンできれいにシミ除去できちゃうかも!

ビーグレン美白ケアで75歳のシミ除去

詳細はこちらから>>>


ハイドロキノンのコスメは適正量のものを選ぼう

ハイドロキノンは、元々肝斑などの治療薬として医師の処方だけで使用が許可されているくらい、注意が必要な成分でした。

2001年から市販薬や化粧品に利用することが許されていますが、シミを消してくれるからといって、ハイドロキノンが多く入っているものを選ぼうとすると刺激が強かったり乾燥して肌荒れの原因にもなります。

 

欲張ると逆効果です!

 

お肌の強い人、弱い人でも異なりますが、ハイドロキノンの配合量が多いコスメやクリームを使う時はピンポイント的に短期間使うなど、使用上の注意を守って使うようにしましょう。

 

ハイドロキノンをコスメで使う場合は、毎日続けて使うので少ない配合量が望ましいです。

 

 

一般的なハイドロキノンの濃度の目安

<ハイドロキノン:濃度1〜3%>

  • コスメに使われる濃度として最適と言われているのがこの濃度です。
  • 毎日、長期的に使うものには、刺激性が少なく安全性が高いので安心して使えます。
  • 濃度が低い分効果や即効性は低くなりますが、顔全体や背中、腕など広い範囲に使用するときにも適しています。
  • 劣化を避けるため、使用期限は守りましょう。

 

<ハイドロキノン:濃度4〜5%>

  • 通常は美容皮膚科で処方されている濃度で、市販が許されているハイドロキノンクリームはこの濃度が限界です。
  • 効果が高く、使用後のトラブルも少ないため、高い即効性が期待できる濃度です。
  • しかし、肌が弱い人には刺激が強過ぎることも多く、短期間のポイント的な使用が望ましいです。

 

<ハイドロキノン:濃度6%以上>

  • 医師の処方でのみ、6%〜10%の高濃度ハイドロキノンの処方が可能です。
  • しかし、効果や即効性が高い分、刺激が強くかぶれなどの副作用やトラブルのリスクも高まります。
  • 市販されているものは、この濃度は許可されていません。

 

ハイドロキノンの原液を購入して自分で化粧水を作る人もいるようですが、ハイドロキノンは信頼できるメーカーのコスメ、クリームを購入することをお勧めします。お肌が白く漂白される等取り返しのつかないトラブルの可能性も含ん
       でいるからです。

 

 

 

 

ビーグレン(b.glen)は、安心の低濃度ハイドロキノンのコスメ。

でも、独自の浸透技術で医薬品と同じ効果を可能にした、高機能コスメなのでおススメです。

 

浸透力が違うから結果が違うビーグレンでシミを消す公式サイト≫≫


30歳からのアンチエイジング

<画像はクリックできます!>
30過ぎたらアンチエイジングに本気モード!美白以外のアンチエイジングや健康・ダイエット体験を紹介!


ハイドロキノン:コスメの適正量は?関連ページ

ハイドロキノンとトレチノイン
ハイドロキノンもトレチノインもシミに最強の成分。ゆえに注意が必要な点も多いです。うまく利用して最大の効果を得る方法とは?
ハイドロキノンの副作用
ハイドロキノンの副作用について紹介します。
ハイドロキノンの注意点
ハイドロキノンは最強の美白成分ですが、正しく使わないと逆効果です。
ハイドロキノンの発ガン性
ハイドロキノンの発ガン性について紹介します。
ハイドロキノンのクリーム
ハイドロキノン入りのクリームでシミを消すのに効果的なものを紹介します。