ハイドロキノン トレチノイン

MENU
** 春からの紫外線に注意!**
できてしまったシミを消すならまず試したいのがハイドロキノン。レーザー治療で失敗した人もビーグレンできれいにシミ除去できちゃうかも!

ビーグレン美白ケアで75歳のシミ除去

詳細はこちらから>>>


ハイドロキノンとトレチノインってどうなの?

ハイドロキノントレチノインはどちらも、シミに効果があると注目されている成分です。

 

 ハイドロキノンはできたシミを消す現時点では最強の成分と言われています。一般的な美白成分である「ビタミンC」「コウジ酸」「アルブチン」などと比較すると、約100倍のメラニン抑制効果です。
 ハイドロキノンは、シミの原因メラニン色素を作り出す細胞に直接働きかけてシミを抑制する効果があるので、短期間で色素沈着を減らす効果があるのです。

 

一方、トレチノインは、ビタミンA誘導体の一種で、ターンオーバーを促進させる作用があり、ビタミンAの約100倍から300倍の活性化作用があると言われています。アメリカではニキビやシワなどの治療に使われていて、外用薬はレチノール(ビタミンA)の約100倍の効果が期待できるようです。

 

 

どちらも強力な美白効果が得られる期待が高まりますが、残念ながらトレチノインは日本では外用薬として認可されていませんし、内服薬でも白血病の一部で使われる程度です。

 

 

どうしてでしょうか?

 

 トレチノインを使用すると、個人差はありますが必ず、「レチノイド反応」が起こります。トレチノインは強力なターンオーバー効果があるために使用開始3日目位から、赤み・乾燥・ひりひり感、かさつき、皮がむける・・・等の症状が出て、4〜6週間続きます。使用を中止すると1週間ほどで治まるのですが。
 ニキビやニキビ痕を早く消して新しい皮膚に生まれ変わらせるためとはいえ、副作用が強いのは問題がありますね。
どうしても手に入れたい人は、医療機関で処方してもらうのが安全な方法。その他は、個人輸入やその代行サービスから手に入れられますが、細心の注意を持って使わないとリスクが高くなります。

 

 

ということで、現在、日本で手に入るシミ消し成分で最強なのはハイドロキノンですね。

 

できたシミに強い美白効果が期待できるハイドロキノンは、光や熱、酸素に弱い非常に不安定な成分でもあるため、高度な生成技術と品質管理技術を持った信頼できるメーカーのものを選んで、ルールを守りながら安全に美白をすると、できたシミを消す最強の効果を得られます。

 

 


30歳からのアンチエイジング

<画像はクリックできます!>
30過ぎたらアンチエイジングに本気モード!美白以外のアンチエイジングや健康・ダイエット体験を紹介!


ハイドロキノンとトレチノイン関連ページ

ハイドロキノンの副作用
ハイドロキノンの副作用について紹介します。
ハイドロキノンの注意点
ハイドロキノンは最強の美白成分ですが、正しく使わないと逆効果です。
ハイドロキノン:コスメの適正量は?
ハイドロキノンの配合は、多いほどいいのでしょうか?自分に合ったハイドロキノン入りコスメを使うために知っておきたいこととは。
ハイドロキノンの発ガン性
ハイドロキノンの発ガン性について紹介します。
ハイドロキノンのクリーム
ハイドロキノン入りのクリームでシミを消すのに効果的なものを紹介します。