カネボウ 美白 ロドデノール

MENU
** 春からの紫外線に注意!**
できてしまったシミを消すならまず試したいのがハイドロキノン。レーザー治療で失敗した人もビーグレンできれいにシミ除去できちゃうかも!

ビーグレン美白ケアで75歳のシミ除去

詳細はこちらから>>>


カネボウの美白コスメのトラブルがますます拡大

カネボウの美白化粧品で起こった一連のトラブルの被害が、更に広がりを見せています。
当初、39名と言われた被害者数が、その後大きく拡大しており、
症状が出た人数 6,808人 
うち、2,250人が顔に白斑が出たり、白斑が5センチ以上の深刻な症状

−だということです。

 

8つのブランドの54製品 ブランシールスペリア、トワニーなど、対象となる商品は36万個が販売済みで、まだ9万個は消費者の手元にあるとのこと。

 

カネボウ 美白 回収対象品一部

【カネボウ美白コスメ 自主回収対象商品の一部】

 

被害者には、2年くらい前から違和感を感じていた人もおり、長く使っている人はそれだけ重篤な症状になっています。

 

大手化粧品メーカーということで、購入者は日本国内にとどまらず、被害は10のアジア諸国にも広がっていて今後の被害者数はまだまだ増えることも考えられます。
日本製の安全神話が崩れた−との声も大きく、購入者のみならず、消費者全体に与えたカネボウへの不信感は当分拭えそうもないですね。

 

大手化粧品会社の信頼性より自分の直感も大事!

 

女性

私個人は、大手化粧品の商品をあまり使っていません。特に老舗と言われるところの商品は、高いものも安いものも肌にしっくりこなかったのです。だから、カネボウの美白コスメも使ったことがありません。

 

敏感肌なのが得なのか損なのかわかりませんが、肌に良くないもの、負担になるものを敏感に感じることができることは、それほど悪いことではないのかもしれません。

 

直接肌につけて長く使う物は、ブランド名より自分の直感も大事なのかもしれませんね。今回のことで実感しました。美白はいつの時代も女性の永遠の憧れです。化粧品は、価格も大事ですが安全性も考えて選びたいですね。

 

>>>使ってよかった肌に安心のおススメの美白コスメランキング


30歳からのアンチエイジング

<画像はクリックできます!>
30過ぎたらアンチエイジングに本気モード!美白以外のアンチエイジングや健康・ダイエット体験を紹介!


カネボウの美白コスメ ロドデノール被害広がる関連ページ

シミの原因
シミのできる原因を紹介します。
シミの種類
シミの種類について紹介します。
シミ そばかす
シミとソバカスの違いと治療法を紹介します。
シミを消す方法
気になるシミを消したいときは、どんな方法があるでしょう。美容・皮膚科クリニックのレーザー治療?エステでもできるフォトフェイシャル?それとも自宅でコスメを使う?それぞれの特徴はどういうことでしょうか。
そばかすを消す方法
そばかすはシミと違って遺伝的な原因で出ると言われています。だから、そばかすを完全に消すことがかなり難しいのですが、薄くて目立たなくすることはできます。
紫外線の肌への影響
紫外線は肌にとって大敵とも言われます。どんな影響を及ぼすのか紹介します。
レーザーでシミとり
レーザーでシミを取るときのポイントを押さえましょう。
ターンオーバー
シミ対策の一つ、お肌のターンオーバーを正常に整えることはとても大事です。
ピーリング
トラブルのない安全なピーリングを行うために気をつけたいこと。
厚生労働省認可成分と化粧品
美白用の化粧品を選ぶときには配合されている成分が大事。厚生労働省が認可している成分とそれを取り巻く化粧品事情について紹介します。
シミに効果があるコスメ
シミに効果があるコスメとより効果的な使い方を紹介します。
カネボウのロドデノール
美白用成分 ロドデノールが原因で、商品自主回収したカネボウ。美白効果の即効性・確実性と安全性を両立させるのがいかに難しいかがわかります。
カネボウ白斑被害者に慰謝料
カネボウのオリジナル美白成分ロドデノールを使った美白化粧品による白斑被害を巡る裁判で、2014.11.28カネボウは被害者に100万〜900万円の慰謝料を支払うという決定をしました。