シミの原因

MENU
** 春からの紫外線に注意!**
できてしまったシミを消すならまず試したいのがハイドロキノン。レーザー治療で失敗した人もビーグレンできれいにシミ除去できちゃうかも!

ビーグレン美白ケアで75歳のシミ除去

詳細はこちらから>>>


シミの原因は?

シミの原因って一体なんでしょう?

 

私たちを守るために分泌されるメラニン。通常は肌が新しくなるターンオーバー(通常20代で28日くらい)で、古い角質とともに剥がれ落ち無くなってくれるのですが、メラニンが過剰に作られたり、何らかの原因でターンオーバーが正常に行われないとそのまま残ってしまいます。
これがシミです。

 

  • 紫外線・・・シミの原因と言われてすぐ思いつくのは紫外線ですね。原因の90%は紫外線とも言われます。紫外線が肌に当たると、皮膚は紫外線から守ろうとして、アミノ酸の一つチロシンにチロシナーゼという酸化酵素が働き、黒褐色のメラニンを作ります。このメラニンが紫外線を吸収し、肌へのダメージを防いでくれます。
  • 女性ホルモン・・・女性ホルモンのバランスがくずれたり、働きが弱くなるのが原因でできるのが肝斑です。左右対称で地図のような形で、額、頬、口の周りにでき、20代から40代の女性に多く見られます。
  • 女性の30代以降のシミの原因はほとんどがホルモンバランスの乱れだと言われています。

  • その他の原因・・・ストレスやストレスなどの原因で自律神経の乱れでもシミができますし、内臓のどこかに異常がある為にシミができることもあります。
  • また、加齢により新陳代謝が衰えてターンオーバーが遅れてしまい正常に行われなかったり、ニキビや強くこするなど肌に炎症が起こった後にもシミはできると考えられています。

 

女性

このように、一口にシミといっても、原因はいろいろですから、まずそれを特定する必要があります。

 

様子を見てなかなか治らなくて、どうも紫外線が原因ではないかもしれないと思ったら、専門家に相談してみるのもいいかもしれません。

 

厚生労働省が認可する美白成分とは>>>


30歳からのアンチエイジング

<画像はクリックできます!>
30過ぎたらアンチエイジングに本気モード!美白以外のアンチエイジングや健康・ダイエット体験を紹介!


シミの原因関連ページ

シミの種類
シミの種類について紹介します。
シミ そばかす
シミとソバカスの違いと治療法を紹介します。
シミを消す方法
気になるシミを消したいときは、どんな方法があるでしょう。美容・皮膚科クリニックのレーザー治療?エステでもできるフォトフェイシャル?それとも自宅でコスメを使う?それぞれの特徴はどういうことでしょうか。
そばかすを消す方法
そばかすはシミと違って遺伝的な原因で出ると言われています。だから、そばかすを完全に消すことがかなり難しいのですが、薄くて目立たなくすることはできます。
紫外線の肌への影響
紫外線は肌にとって大敵とも言われます。どんな影響を及ぼすのか紹介します。
レーザーでシミとり
レーザーでシミを取るときのポイントを押さえましょう。
ターンオーバー
シミ対策の一つ、お肌のターンオーバーを正常に整えることはとても大事です。
ピーリング
トラブルのない安全なピーリングを行うために気をつけたいこと。
厚生労働省認可成分と化粧品
美白用の化粧品を選ぶときには配合されている成分が大事。厚生労働省が認可している成分とそれを取り巻く化粧品事情について紹介します。
シミに効果があるコスメ
シミに効果があるコスメとより効果的な使い方を紹介します。
カネボウのロドデノール
美白用成分 ロドデノールが原因で、商品自主回収したカネボウ。美白効果の即効性・確実性と安全性を両立させるのがいかに難しいかがわかります。
ロドデノール被害
カネボウの美白化粧品の一連のトラブルの被害者が拡大しています。ロドデノールが原因の大きな白斑ができたり、赤くなったりした人の被害状況が当初よりひどい状況であることがわかりました。
カネボウ白斑被害者に慰謝料
カネボウのオリジナル美白成分ロドデノールを使った美白化粧品による白斑被害を巡る裁判で、2014.11.28カネボウは被害者に100万〜900万円の慰謝料を支払うという決定をしました。