シミを消す方法

MENU
** 春からの紫外線に注意!**
できてしまったシミを消すならまず試したいのがハイドロキノン。レーザー治療で失敗した人もビーグレンできれいにシミ除去できちゃうかも!

ビーグレン美白ケアで75歳のシミ除去

詳細はこちらから>>>


シミを消す方法から自分に合ったものを見つけよう

春から夏にできたシミを秋から冬に改善しようとしても、思うような結果が出なかったり、正しいシミ対策をしないとせっかく高額の費用を払ってシミを消したのに、いつの間にかまたシミが出現してがっかり・・・ってこともよくあります。
シミを消す方法に関する正しい知識を持って、失敗しないシミを消す方法を選ぶと同時に、新しいシミを作らない予防策も大事。

 

日焼け

シミを消す方法には医療機関エステサロンに通う方法、化粧品やサプリメントを使い自宅で行う方法があります。

費用や労力、かかる時間、期待できる効果を知り、それぞれのシミを消す方法法のメリットデメリットを正しく理解して、最も自分に合った方法を選ぶことが大事です。

 

 

シミの原因のNo.1は紫外線原因の80〜89%は加齢ではなく紫外線と言われています。
その他に、30代以上の女性に多くみられるホルモンバランスの乱れによる肝斑など、体の内部が原因のシミもあります。
紫外線が原因だとするなら、日々の紫外線対策を怠りなく実行すれば、シミを予防すると同時に肌老化もかなり減らせますね。

 

紫外線は3月からぐんぐん増加します。
うす曇りの場合でも、快晴時の約80〜90%、曇りの場合は約60%、雨の場合は約30%が降り注ぐので油断できません。

下図は、気象庁の発表している札幌、つくば、沖縄の那覇、南極昭和基地の肌に影響を及ぼす紫外線量のグラフ。
3月からぐんぐん紫外線量は増加し10月くらいまで要注意。しかし、紫外線のダメージは蓄積していくので、1年を通してしっかりと紫外線対策をする必要があります。また、南極は南半球にあるので日本とは季節が逆。9月〜3月に紫外線量は増えますが、この時期の紫外線量の増加は、オゾン層が破壊されオゾンホールが出現する時期とも重なるそうです。

 

紫外線グラフ

 

 

女性

 

シミの種類と原因を正しく把握することがシミを消す方法の第一歩。
専門の医師も間違うことがあるくらいなので、安易な自己診断はせず、心配な時は一度医療機関に行くほうがいいかもしれませんね。

 

 

 

シミを消す方法の方法−自分に合った方法を見つけよう!

 

【1】 医療施設による治療

皮膚科、美容外科、美容クリニックといった専門の機関で治療します。

レーザー治療や光治療など、医療機関でないと扱えない強いレーザーを使った治療やピーリングが可能で、短期間で確実に結果を出したいと思ったら、一番のおススメは医療機関でのシミ治療です。
ただし保険がきかないものが多いので費用はかかります。事前に良心的で技術力の高い病院、クリニックを調べて慎重に選ぶことが大事です。

 

【2】 エステによる施術

医療機関ほどのパワーはないですが光治療が可能です。また、治療には当たらない範囲のピーリングも行います。効果は医療機関ほど期待できないですが、クリニックはどうも行き難い・・・という方は、まずエステの格安キャンペーンなどを利用して効果があるかを試してみるのも良いですね。

 

【3】 化粧品による方法

自宅で何とかシミを改善したいと思っている方にも、最近はシミによく効く成分を使った優秀な化粧品が出てきました。本当に自分に合うものを見つけると、できたシミやこれからできるシミに対しても自宅でシミを消す方法が可能になってきました。
 本当に良い治療目的のコスメは格安とはいかないかもしれませんが、医療機関やエステに通うことができない人や好まない人には、最も労力や時間がかからないおススメのシミ対策です。

 

【4】 錠剤、サプリメントや食事による方法

シミ対策の補助的な要素になりますが、シミを作らない、増やさない錠剤やサプリメント、食事は体の内部からサポートしてくれます。生活習慣にも関係するので長い目で見てもとても大切です。

 

女性

 

シミを消す方法はいろいろありますが、自分に一番合った無理のない方法を選んだら、すぐに結果が出なくても医師の指示や既定の量を守りながら最低3ヶ月は続けるようにしましょう。


30歳からのアンチエイジング

<画像はクリックできます!>
30過ぎたらアンチエイジングに本気モード!美白以外のアンチエイジングや健康・ダイエット体験を紹介!


シミを消す方法関連ページ

シミの原因
シミのできる原因を紹介します。
シミの種類
シミの種類について紹介します。
シミ そばかす
シミとソバカスの違いと治療法を紹介します。
そばかすを消す方法
そばかすはシミと違って遺伝的な原因で出ると言われています。だから、そばかすを完全に消すことがかなり難しいのですが、薄くて目立たなくすることはできます。
紫外線の肌への影響
紫外線は肌にとって大敵とも言われます。どんな影響を及ぼすのか紹介します。
レーザーでシミとり
レーザーでシミを取るときのポイントを押さえましょう。
ターンオーバー
シミ対策の一つ、お肌のターンオーバーを正常に整えることはとても大事です。
ピーリング
トラブルのない安全なピーリングを行うために気をつけたいこと。
厚生労働省認可成分と化粧品
美白用の化粧品を選ぶときには配合されている成分が大事。厚生労働省が認可している成分とそれを取り巻く化粧品事情について紹介します。
シミに効果があるコスメ
シミに効果があるコスメとより効果的な使い方を紹介します。
カネボウのロドデノール
美白用成分 ロドデノールが原因で、商品自主回収したカネボウ。美白効果の即効性・確実性と安全性を両立させるのがいかに難しいかがわかります。
ロドデノール被害
カネボウの美白化粧品の一連のトラブルの被害者が拡大しています。ロドデノールが原因の大きな白斑ができたり、赤くなったりした人の被害状況が当初よりひどい状況であることがわかりました。
カネボウ白斑被害者に慰謝料
カネボウのオリジナル美白成分ロドデノールを使った美白化粧品による白斑被害を巡る裁判で、2014.11.28カネボウは被害者に100万〜900万円の慰謝料を支払うという決定をしました。