ターン―オーバー

MENU
** 春からの紫外線に注意!**
できてしまったシミを消すならまず試したいのがハイドロキノン。レーザー治療で失敗した人もビーグレンできれいにシミ除去できちゃうかも!

ビーグレン美白ケアで75歳のシミ除去

詳細はこちらから>>>


お肌のターンオーバーってどれくらい?

女医

お肌の細胞が古いものから新しいものに生まれ変わることを

ターンオーバーと言います。
新しい細胞が、下からどんどん上に上がってきて、古い皮膚はやがて角質となってメラニンとともにはがれおちます。
正常なターンオーバーが行われると、できたシミやくすみが角質ともにはがれてくれるのですが、段々歳をとると加齢によりターンオーバーが遅くなってしまい、シミやくすみ、シワ、たるみの原因にもなります。

 

お肌のターンオーバーは、通常28日くらいと言われていますが、これは20代の話です。
30代になると40日、40代では55日、50代では75日、60代になると100日もかかると言われています。歳をとると傷が治りにくくなったり、傷痕が消えにくくなるのはこのためなんですね。

 

洗顔だけでは取れにくい角質をピーリングでしっかり取ったり、ターンオーバーを促すEGFの入ったコスメを使うと肌細胞が活性化されて遅れがちなターンオーバーを正常に整えることができます。

 

ビタミンB群や葉酸の多い食事を摂ることも大事です。

 

 


30歳からのアンチエイジング

<画像はクリックできます!>
30過ぎたらアンチエイジングに本気モード!美白以外のアンチエイジングや健康・ダイエット体験を紹介!


ターンオーバー関連ページ

シミの原因
シミのできる原因を紹介します。
シミの種類
シミの種類について紹介します。
シミ そばかす
シミとソバカスの違いと治療法を紹介します。
シミを消す方法
気になるシミを消したいときは、どんな方法があるでしょう。美容・皮膚科クリニックのレーザー治療?エステでもできるフォトフェイシャル?それとも自宅でコスメを使う?それぞれの特徴はどういうことでしょうか。
そばかすを消す方法
そばかすはシミと違って遺伝的な原因で出ると言われています。だから、そばかすを完全に消すことがかなり難しいのですが、薄くて目立たなくすることはできます。
紫外線の肌への影響
紫外線は肌にとって大敵とも言われます。どんな影響を及ぼすのか紹介します。
レーザーでシミとり
レーザーでシミを取るときのポイントを押さえましょう。
ピーリング
トラブルのない安全なピーリングを行うために気をつけたいこと。
厚生労働省認可成分と化粧品
美白用の化粧品を選ぶときには配合されている成分が大事。厚生労働省が認可している成分とそれを取り巻く化粧品事情について紹介します。
シミに効果があるコスメ
シミに効果があるコスメとより効果的な使い方を紹介します。
カネボウのロドデノール
美白用成分 ロドデノールが原因で、商品自主回収したカネボウ。美白効果の即効性・確実性と安全性を両立させるのがいかに難しいかがわかります。
ロドデノール被害
カネボウの美白化粧品の一連のトラブルの被害者が拡大しています。ロドデノールが原因の大きな白斑ができたり、赤くなったりした人の被害状況が当初よりひどい状況であることがわかりました。
カネボウ白斑被害者に慰謝料
カネボウのオリジナル美白成分ロドデノールを使った美白化粧品による白斑被害を巡る裁判で、2014.11.28カネボウは被害者に100万〜900万円の慰謝料を支払うという決定をしました。