エステ クーリングオフ

MENU

クーリングオフについて知っておこう

エステだけでなく、クーリングオフは消費者に与えられた権利です。
不本意な買い物やサービスを予約、購入したら泣き寝入りせずに、少しでも取り戻すことができる制度を利用しましょう。

 

エステの契約は、自分の意思でお店に行って契約した場合であっても、理由の有無に関係なく、クーリングオフ制度の対象になるので堂々と解約しましょう。
高いコースを購入し、もうすでに施術が始まっていても、途中解約をすることができますよ。

 

クーリングオフは書面で行います!

5万円を超え、提供期間が1ヶ月以上のものであればエステの契約 (特定継続的役務提供契約) としてクーリングオフできます。

申込日(書面受領日)を含む8日間以内に、書面(契約解除通知書)を発信すると解約できます
  • もし、関連商品−クリーム、美容液なども解約したい場合、開封していない(消耗していない)場合は解約できます。

 

8日間経過した後でも契約有効期間内なら中途解約制度で解約できます
  • 既に一部のサービスを受けていたらその分の代金と、解約損料という法律で決められた範囲内の違約金を払う必要があります。
  • 関連商品−クリーム、美容液などは、開封していない(消耗していない)場合は解約できます

 

ちょっとややこしそうですが、要は、書面で郵送で「解約します」という旨を相手に伝えるということですね。ハガキだと「受け取ってません」と逃げられることもあるので、内容証明郵便を利用するのがベストです。
有料で専門家にお願いすることもできますが、ネットなどで調べて自分で書くことも可能です。

 

まず近くの消費者センターに問い合わせて相談するのも良い方法です。

 

病院、クリニックでの医療行為にクーリングオフは適応されません。

 

弁護士

やむを得ない引っ越しや体調の都合などは仕方ないですが、クーリングオフは手続きがややこしくて大変です。

大金を使った契約を勧められたり、契約を結ぶ時は、クーリングオフ制度を利用せずに済むように慎重に行動することが重要です。
そのためには、契約書をしっかり読むこと、何かの契約を勧められたら、迷っている場合ははっきり断るか、とりあえずその場を離れて、誰かに相談する等、一呼吸おいて冷静に考えるようにすると失敗が少なくなります。

 

エステサロンの契約解除するクーリングオフについて知っておこう関連ページ

エステでシミ除去
エステサロンではシミを取る効果は?薄いシミなら一度試してみる価値はありますね。美肌効果、リラックス効果が期待できます。
しつこい勧誘の断り方
最近はネット環境もあるのですぐに店の評価につながるため、しつこい勧誘をするサロンは少なくなりました。しかし通っているうちになじみのスタッフから勧められると断りにくかったり、しつこいなと感じたときの断り方を紹介します。
ディオーネ(Dione)顔脱毛
エステでシミを除去するなら、脱毛しながらフェイシャルエステ効果もあるディオーネ(Dione)のハイパースキン脱毛の顔脱毛がおススメ!肌のハリ・弾力が戻って敏感肌が健康に。アンチエイジング効果も実感できます。
ポーラの顔エステ
ポーラ(POLA) の顔エステは大人気定番アイテムB.A他自社開発製品を使いオリジナルマスク、業界初FPクリアタッピングで浸透力・引き締め小顔効果、美白、アンチエイジング効果+メイク付き!体験は3,780円と激安で!大事な写真撮影や勝負の日には気軽な時短エステVリフトアップ2,700円も人気です。